家具運送粗大ごみ

引越しと粗大ごみの処分

引越し 粗大ゴミ

 

家具も長く使っているとボロボロになってしまいますね。
猫や犬を飼っているとどうしてもソファーなどは傷みますし、汚れも目立ってきます。

 

引越しはそういう家具を一新するチャンスです。
そのためにもいらない家具や家電は捨ててしまいましょう。

 

ただし、家電リサイクル法で定められた家電は粗大ごみとして廃棄することができません。
エアコン、テレビ(ブラウン管、液晶・プラズマ)、冷蔵庫・冷凍庫、洗濯機・衣類乾燥機などがそうです。

 

これらの家電を処分したいときは家電を購入した家電量販店でのリサイクルが必要です。
しかし、もし購入したお店が近くない場合はお住いの自治体に相談してみましょう。

 

ではその他の粗大ごみはどうやって廃棄するものなのでしょう?
廃棄する方法は2通りあります。
@回収に来てもらう方法(有料)と、A自分で持って行く方法(無料)です。

 

 

@回収に来てもらう方法

 

まず粗大ごみを処分している施設(市町村によって名前が違う)に電話で連絡をして、回収に来てもらう日を予約します。
その後、コンビニなどで「粗大ゴミシール」を買って貼り付けます。

 

粗大ゴミシールは処分したい家財の種類によって値段が違います。つまり廃棄手数料なのです。
この状態で指定日時までに指定場所に置いておけば、回収に来てくれます。

 

粗大ごみ1つにつき粗大ごみシールが1枚必要です。
ほかの粗大ごみも一緒に置いておけば持って行ってくれるのということはありません。

 

A自分で持って行く方法

 

自分で処理施設まで粗大ごみを持って行く場合でも予約が必要です。
いつ何時にどんな粗大ごみをいくつ持って行くか伝える必要がありますのでメモに取っておきましょう。

 

そして予約した日時に粗大ごみの処理センターに持っていきます。廃棄する前と後に車の重さを量ります。
自分で持って行く場合(個人の場合)は粗大ごみシールを貼る必要はありません。

 

しかし、粗大ごみの処分方法はお住いの自治体によってかなり違いがありますので、詳しい事はお住いの地域の役所のホームページでご確認ください。